私の打たれ強さには理由がある、悲惨な環境から学んだもの

    私は別に自分ではなんとも思わないが、昔、医局で同期から 「本当に打たれ強いなぁ」とあきれたように云われたことがあ る。実際、人生行路で何処に云ってもそんなもので、Simon& GarfunkelのKeep the Customer Satisfiedという歌の歌詞にある ようなものであった。ひとえにそれは生まれ育った家…
コメント:0

続きを読むread more

池波正太郎『青春忘れもの』1969,ケレン味ない庶民派の半自叙伝

    大衆文学作家の大御所ともなった池波正太郎の半自叙伝で ある。大衆文学は日本では不当に低く評価されがちだが、時代 歴史小説を見事に仕上げるための努力は純文学を書く以上に至 難だろう。・・・・・さて、大衆文学作家も半生記を書いた作 家は少なくないと思う。吉川英治の『忘れ残りの記』長谷川伸 の『新コ半代記載』などはその代表…
コメント:0

続きを読むread more

2011年式、インプレッサDBA-GH2の最後の車検を予定、貴重な?ボクサーエンジンのマニュアル車

    あと少しで13万キロ走行となる2011年式のスバル・インプレ ッサDBA-GH2,5MT、本当にグレード的には低い、あまり評価の 高くない車で数年前から続々と多額の費用がかかる交換を強い られている。燃費は非常に悪く、あまりに金食い虫には違いな いが、この時代状況ではこのインプレッサとて貴重といえなく もないので、も…
コメント:0

続きを読むread more