宝塚、懐かしの写真館(216)草路潤子「わが組、声楽専科の自慢」昭和11年4月号『歌劇』


 IMG_5867.JPG宝塚少女歌劇(昭和16年までこの名称)での組編成は、昭和11
年、1936年までは通常の、「月組」、「雪組」、「花組」、
「星組」の所属はまず準主役クラス以上で、またエリート主役
クラスで「舞踊専科」、「声楽専科」。残りの若手は多数が
「ダンス専科A]、「ダンス専科B]「ダンス専科C]、「ダンス専
科D]という組分けだった。「舞踊専科」はこの年度、花里いさ
こ一名、ただし昭和12年から改編し、専科は舞踊専科だけにな
って数名以内、残りは全て月組、花組、雪組、星組の所属とな
った。

 月組29名、花組30名、星組30名、雪組33名

 舞踊専科1名、声楽専科39名、ダンス専科A、44名

 ダンス専科B 49名、 ダンス専科C 44名、ダンス専科D44名

 という布陣、『歌劇』昭和11年4月号、の「各組自慢合戦」では
「声楽専科」所属の草路潤子の執筆

 IMG_5865.JPG

 声楽専科 草路潤子

 三浦時子さんを組長とする私たち声楽専科の生徒ほど、皆が皆、
はつらつとしている女学生気分の濃い組はないと思います。だから
舞台上ではお姫様は召使い、といろいろ異なっておりますが、舞台
以外では全て平等で皆が、われこそは大将ということで上級生も
下級生もないということです。そんなつまらぬ上下関係は問題とし
ないのですね。全てが開放的で声楽の生徒は生意気やとか云われて
も、自分の思ったことは誰の前であろうと、遠慮なく発表し、それ
を実行していきます。この点で声楽専科は非常に先進的で現代的と
誇りを持っております。

 さらに声楽専科の特徴は、皆さん、血の気が多いことです。何か
一つのことが起こると、皆、一緒になって血を沸かせたり憤慨した
りで、なにせ人数も少のうございまして、団結力は強いわけです。
このためか「声楽専科は嬉しがりや」とよく他の組からも排斥され
ますが、私たちは嬉しがり屋でいいのです。昔は、皆で揃って、植
物園に行ったり、ピクニックに行き、お弁当を開いたり、でもこの
頃は忙しくなってそんな暇はなくなりました。三月は三浦、橘、
草笛、葦原、は東宝、櫻井、寿、一條、二條さんは横浜、私は大劇
場、でも声楽専科、上からしたまで何とお偉い方が多いことか、そ
の中の私ですので、・・・・・

 IMG_5866.JPG

この記事へのコメント