宝塚、懐かしの写真館(217)芝恵津子 「各組自慢・花組」 昭和11年4月 『歌劇』


 IMG_9042.JPG芝恵津子(しば・えつこ)花組、

 私のような暴れ馬が花組のようなおとなしい雰囲気の組
にはいって、本当に大丈夫か?と前いた声楽専科の方々か
ら云われたものです。でも、花組に入ってみますと、それ
は取り越し苦労でして、とても雰囲気は朗らかで家庭的で
した。でもよく外からは花組は陰気だ、とか云われていま
して、どうでしょうか。いつも不思議に思います。花組が
本当に陰気かどうか見てほしいと思います。
 
 でも朗らかと云って、いつもキャラキャラではなく、穏や
かな気分をいつも持ち続けているような感じなんですね。
ここが花組が他の組に好かれる理由があります。その穏やか
な気分の源泉は、といいますと、組長の奈良美也子さんの人
格、人柄からだと思います。その上、花組の方の芸風からして
も、優雅で悠揚迫らざるものがあります。それが自然に上級生
から下級生にも伝わりますね。部隊で必要以上に緊張しない
という点がいいと思います。

 公演のときは花組の方は互いに思ったことを注意し合いま
す。そのときはちょっと、イヤな気持ちもしますが、あとか
ら考えると適切な指摘で納得できます。芸事に携わるひとは
こうでなければいけないと思います。

この記事へのコメント