小田県、深津県(備中、備後)の復活を期待する、広島市の福山市への侮蔑、岡山県では福山市は尊敬される

  Modern_Japan_prefectures_map_in_1872.jpg
 明治維新後の廃藩置県もその県の区画は何度か変遷を重ね、
今日の県境になっている。正直、首をかしげたくなる県境の
設定が数多く指摘できる。現実の生活圏にそぐわない不自然
なケースが多いが、もはや変更のしようもない、といって、
かって唱えられた阪奈和構造、大阪府、和歌山県、奈良県の
合併案もあった。大阪府が狭すぎる、ということが基本にあ
ったが、むしろ尼崎、伊丹、西宮などを大阪に編入させるべ
きだと思うが、それは自然な生活圏ということであり、赤穂
と尼崎が同じ「兵庫県」というのも、奇怪である。

 さて、かって紛れもなく存在した小田県、それ以前は深津
県である。小田は小田郡に由来し、深津は福山市に現在もあ
る深津地区の地目に由来する。最初は深津県であった。

 1871年、備中国全体と備後の六郡を合わせた深津県とした。
県庁所在地は福山城に置く予定だったが、福山藩が徳川幕府
譜代の地位であったため新政府はこれを快く思わず、小規模
な笠岡市において深津権を小田県とした。ともかく非常に
有力な県であった。

 だが1875年、小田県全体が岡山県に編入、さらに1876年
、岡山県の備後地域が広島県に編入され、現在の姿になった
のだが、・・・・・。

 最大の問題は福山市など備後東部は岡山県と生活圏が一致
しており、「安芸の広島」とは疎遠で「広島県」というには
あまりに不自然ということが挙げられる。

 「広島」と云えば誰しも安芸の広島を想起するはずだ、福
山生まれを「広島県出身」と云うのが通例だが、何とも不自
然である。

 広島県となるとあらゆる施策、県としての予算投入も広島
圏に集中する。あくまで、おこぼれが備後、福山市に分け与
えられる。

 さらに重要な点は福山市民の「広島」への服従意識はかなり
強い、カープファンが多い、赤ヘル初優勝時も福山市の騒ぎ
は大変な熱狂だったが、しかし

 安芸の広島、広島圏側からは備後、特に福山への偏見、軽視
がいまなお非常に強い、あまりに福山市を小馬鹿にするコメン
トを広島市民からかなり耳にした。どう考えても一体感は今な
おない、つまり安芸の広島側から福山市への侮蔑、偏見が強い
改まらないのである。広島側から見たら今でも福山はよそ者な
のである。

 逆に岡山から見ると「福山は大きな都市」として重視され、
尊敬もされる。広島市民は広島市をえらく大都市と思い込んで
福山市を見下げるのである。

 小田県、深津県といって実際、無理にしても未来永劫、広島
県内での侮蔑感情は残りそうだし、十分検討の余地がある。
端的に言えば福山市の岡山県編入である。衆院小選挙区でも
福山市で単一だから問題は少ない。

 ダウンロード (1).png

この記事へのコメント