岸田再選は消滅、次期自民党総裁、次期総理は誰か?もう石破茂さんの出番でしょう

  
 岸田首相は岸田派から離脱し、これで総裁再選の可能性は
消えた。でも裏金問題で全議員の政経パーティーの自粛、こ
れはたしかに活気を削ぐ。なぜ岸田首相がかくも不人気かと
いえば根本は力不足である。力がないから、どうしても時流
、状況に媚を得るような政策しか取れない、圧倒的な「新型
コロナパンデミック」騒ぎでは、徹底してパンデミック心理
に便乗する、お蔭で世界でもまれな北朝鮮並みの鎖国体制を
敷く、「今は新型コロナ心理に沿うのが無難」と考えたにせ
よ、一事が万事、「時流に沿って無難を」だが小池百合子の
ような「空気を読み取る」という狡猾な処世術には遥かに及
ばない、小池百合子が「空気を読む」ことで生き延び、成功!
を収めるのも、良かれ悪しかれ、小池百合子なりの力がある、
日本は右翼が受ける、と見抜いたらとことん、それをやり通
し、しれーっとして恥じない、その悪辣さが岸田にはまだ備
わっていなかった。「右翼が受ける」と見ての右翼路線なら
高市早苗もそうだが、まだ演技が不十分ということだろうか。
日本のメディアがウクライナの大本営発表という状況に沿って
安泰を図ろうとウクライナに、必勝しゃもじ

 ダウンロード (61).jpg

 それはともあれ、岸田再選はない、まあG7を広島でやっ
て「ゆかりの地」に錦を飾ったのは満足だろう。

 時期自民党総裁、石破茂、高市、河野、小泉進次郎?・・
・・・・などと来れば、もう石破さんの出番でしょう、と
いうほかはない。何より防衛通で通っていた、第二期安倍政権
スタート、党員選挙では安倍を上回ったが議員票で逆転された
。小池百合子も石破に投票していた。以後、安倍のライバル、
ということで「ネトウヨ」層、嫌韓層を支持基盤の安倍だか
ら右翼層の理不尽な中傷攻撃を石破さんは浴び続ける羽目にな
った。が安倍も消えた、その弟も、憑き物が取れたようなもの
だ。今度こそ、石破茂の出番である。別に石破茂さんの政策に
絶対賛同、では毛頭ないが、今、必要な総理は、その人間的な
力である。

 かって中曽根康弘さんが総裁に選出、鈴木善幸退陣、ただち
に中派閥ながら党内は「中曽根康弘氏」という声で溢れた、それ
は人物の器量の評価という点で正しく妥当であったわけだ。

 そろそろ石破茂さんでしょう、というか、石破さん以外には
見当たらない、というほかない。選ばれるべき基準は政治家と
しての器量である。

この記事へのコメント