商品取引と投資信託(NISA、新NISA)はやってはならない

  spotlight.jpg
 NISA、さらに新NISA、かなりのブームのようで今まで投信
とはおよそ無縁だった要は人々を政府は「非課税」を武器に、
新NISAなどに誘い込んでいる。これからは預貯金だけではなく
、投資に目を向けるべき、というにしては、それが投信とは私
は怒りが抑えられない。今までの経験から断言できるのは、特
定の階層だけを対象とした投信を例外として、少なくとも証券、
通じて売り出されている「投信」くらい、およそこの世でバカ
なものはない、としか云いようがないのである。NISAの類は、
要は政府が証券、銀行と結託して国民を投信に強力に誘う、ま
ことに遺憾な、あってはならない代物である。

 商品取引の悪評は知れわたっていると思うが、さりとて現実
にこの日本には少なくない商品取引の会社が堂々と存在してい
る。むろん、政府公認である。かっては商品取引の営業マンが
、とある村に入ったら放送塔というのか、「みなさん、今、商
品取引の会社の営業マンが村に入って来ました。絶対に話に乗
らないようにしてください」という警告の放送が発せられたと
いう。実際、商品の営業が会社を出るときは「今日は一軒潰し
てくるからな」と大笑いして営業に出ていたという。そんなも
の、顧客にほぼ100%致命的損失を与えるような営業でも認めら
れているのである。「先物相場はこの世界になくてはならない
ものです」だが庶民それで破産しなければならない理由はある
まい。

 私は投資信託は商品取引と同じレベルとも云わないが、その
実質、通常の顧客は100%近く損失を被る点では同類であると云
うしかない。私自身、実際、お付き合いも含め、何度も投信(
分配型式でない)を購入したが、全て損失、ビタ一文も利益は
なかった。それがNISAなど、政府の誘導による新制度、周囲の
人が「何万円儲かった」と数多く!が感激して云うのだから、
私は度肝をぬかれて、新金融商品が出来た?と思ったら、やは
り従来通りだ、非課税、投資額制限、毎月分配は禁止(隔月分
配はOK)などがあるが、紛れもなく従来の投信だ。何のことは
なくて、未経験な方々は「分配金」を「利益が出ての結果」と
勘違いしているだけとすぐに分かった。タコが自分の足を食べ
て、足の一部を大きな会社に差し上げているのだから。

 NISA、新NISAもない実は従来の投信そのもの、それを国が
税制で誘導しようというだけである。非課税を武器、「無期限、
非課税」となるとこれに騙されて飛びつく人は莫大生まれる。
毎月の分配金は禁止でも隔月の分配金が多い。この分配金を
「利益」と思ってしまうような人たちまで国が誘導しているの
だ。

 実は投信が大きく広まったのは定期的に「分配金」を出す投信
がでてきたときからである。代表は「お化け投信」といわれてい
グローバルソブリン、壮大な騙しの商品であるが、なお存在して
いる。毎月分配だったが、隔月分配の投信でも同じことだ。

 それまでは「儲かった時に限って、随時、分配金」という仕組
みを超えて毎月分配、爆発的に顧客を増やし、グロソブなどは、
例えば小豆島だけで100億円以上も集めたというからすごい。

 投信とは運用成績の良し悪しで基準価格(投信の純資産を一口
あたりにした金額)が変動するリスク商品だ。基準価格の変動は
何より怖い、だから怖くて預貯金に回す。だが分配金は何か安心
のイメージだ。「毎月分配金が入るので安心だしありがたい、自
分の資金が運用されているという感慨がわく」購入者の実は騙さ
れている心理だ。

 「もっと投資したら、分配金は増えますよ」で、ともかく分配
金なのだ。新NISAは永久非課税!投資額制限で妙な安心感がさら
にある、と誤認させて誘導なのだ。

 そもそも分配金とは自分の資金を切り崩して自分の小遣いにし
ているだけである。投信全体では資産は減っても新規購入者がこ
れを負担という、まあ無限連鎖的な詐欺性があるのだ。グロソブ
は、まさしくネズミ講投信だった。現代の天下一家の会だ。

 いま新NISA適応で売られている投信も、しょせんは偽グロソブ
の類と云って何の過言でもない。

 投信は信託報酬がある。相当高い、1%をまず超える。さらに販
売手数料、解約の際の信託財産留保金額、ただ信託報酬は運用がい
くらマイナスになろうが、常にかかってくる。信託報酬の中身は、
投信会社の運用への対価(運用報酬)、信託銀行の管理保管への対
価、販売会社の事務代行業務への対価(代行手数料)からなる。

 いかに投信が損なものかである。分配金は資産が減少しても出せ
る、顧客はタコが自分の足を食っているのと同じ、ということに、
気づかない、気づかないような人が片っ端から新NISAに誘導されて
いる。これが非課税と云って何の有り難みがあるだろうか。投資の
名に値しない、国家誘導の合法詐欺に乗せられているだけである。
いくら利率が低かろうが定期預金がいかにありがたいか、何ならイ
オン銀行に普通預金すべきである。

 それにしても老いも若きも、特に若い人が新NISA、「積立投信」
などを「将来に備えて」やっていると聞けば、不憫すぎて泣けてし
まうというものだ。

 商品取引と投資信託はやってはならない、新NISAに騙されるな、
である。

この記事へのコメント

killy
2024年03月31日 07:51
国定忠治は人夫賃をイカサマ博打で吸い上げていたそうですが、これは令和の国定忠治です。