m75215750442_1.jpg
 この作品は同年の児童文学者協会新人賞受賞作だが、その前
に第11回の北川千代賞も受賞している。基本は小学校生徒高学
年向けだろう。今は古書でしか入手できないが、現在は非常に
高値となっている。東京の渋谷駅のコインロッカーにバスタオ
ルにくるまれて紙袋に入れられている赤ん坊が見つかった。男
の子であった。「ひろし」となづけられ、児童福祉施設の「
若葉園」に引き取られた。同室の明子、武にかわいがられ、大
きくなった。

 施設の智子先生は、親も全く知らず、どこで生まれたのも分
からないひろしに対し、自分の学生生活の最後の旅で訪れた山
陰の海辺で拾ってきた「小袖貝」をそのバスタオルに入れてあ
げ、ひろしがもう少し大きくなったら「あなたは美しい海辺で
生まれたのですよ。これはお母さんの形見です」と、ウソでも
いいから優しく話して聞かせようと思っていたが、ひろしは、
わずか五歳で亡くなってしまったのだ。
 
 同室の小学四年生の明子は、その小袖貝を、ひろしが生まれ
たと智子先生が言う海へ帰すべく施設を抜け出し、ひとり山陰
の海へ出かける。それをかばう武、久雄、また智子先生であっ
た。

 悲運の星の下に生まれ、薄命だったが純粋さを持ち続けた、
ひろしの尊い心が全編にそこはかとなく染み渡っている、とい
うのだろうか、児童施設の不幸な子どもたちの心と行動を、実
に涙ぐましく描き出している。本当に泣かされる物語である。

 私などはあまりに、ひどい親、散々な家庭にうまれるくらい
なら施設のほうがいい、と思ってしまうのだが、しかし実際に、
その境遇における切々たる心情は察するにあまりある。

 秀作である。


     小袖貝

 ダウンロード (18).jpg