"小説、文学"の記事一覧

北京原人の骨化石の行方、NYの外科医、フォリー博士の回顧、最後の最後で化石収納のトランクが不明に

 北京原人の頭蓋骨の行方不明については諸説がある。実は 1971年にNYの自然史博物館の人類学部長のハリー・シャロピ 博士によって同博物館発行の学術誌「Natural History」11月号 に発表され、世界に発信された。この情報提供者はウィリアム ・フォリー博士という心臓外科医、フォリー博士の助手から、 自然史博物館に…
コメント:0

続きを読むread more

岸田再選は消滅、次期自民党総裁、次期総理は誰か?もう石破茂さんの出番でしょう

    岸田首相は岸田派から離脱し、これで総裁再選の可能性は 消えた。でも裏金問題で全議員の政経パーティーの自粛、こ れはたしかに活気を削ぐ。なぜ岸田首相がかくも不人気かと いえば根本は力不足である。力がないから、どうしても時流 、状況に媚を得るような政策しか取れない、圧倒的な「新型 コロナパンデミック」騒ぎでは、徹底してパ…
コメント:0

続きを読むread more

ローベルト・ムシル『三人の女』三つの中短編からな成る,

 唯一の長編にして未完の『特性のない男』で世界的作家なの だが日本では一般に非常に知名度が低く、読まれている作家と は云い難い。オーストリア出身のドイツ語圏作家である。私も 長く全く知らなかった作家である。河出書房新社から1971年に 川村二郎翻訳で出ていうる。  『三人の女』は作品タイトルながら三つの中短編の合わさっ…
コメント:0

続きを読むread more