井上靖『波濤』1959,井上靖の現代小説としては不出来な作品、過去の作品の要素の寄せ集め

    井上靖は非常に多作な作家で、そのなかでも特に現代小説 が多い。しかも「中間小説」と呼ばれるものが現代小説の中 でも多い、中間小説こそは井上靖の文学的な本領ともいって 差し支えないとは思うが、その中でも、出来不出来はあるの は当然である。この『波濤』はタイトルは見たことはあるが、 あまり読む気にもならなかった、話題にす…
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮1967年5月のクーデター、金日成の唯一神化を図るため目障りな幹部、朴金喆を粛清

 端的に言うならば北朝鮮は自称金日成、本名、金聖柱を 唯一神とする新興宗教の神政国家ということになる。付随的 な事項は数多いが、自称「金日成」のみが尊い、その血統に 或るものが国家を絶対的に統治する、内実は監視と密告、秘 密警察による超スターリン主義国家の内実の新興宗教国家と いうことになる。その時代錯誤の神政国家を維持す…
コメント:0

続きを読むread more

埴谷雄高『影絵の世界』埴谷とロシア文学世界との関わり

 自己の読書体験を語ることが、すなわち自己の人生を語る こととなる、よほど読書に没頭という人ならそういう人もい るかもしれないが、埴谷雄高はまさしくそれに該当するとい うことのようだ。ある書物に感動し、影響を受けた、その時 代、場所がある、ということなのである。「影絵の世界」が さらに埴谷雄高の人そのものを表す言葉とさ…
コメント:0

続きを読むread more

コンビニ、スーパーの「ご飯弁当」の「おかず」にパスタはズルい、実質ゼロ円レベル

    コンビニやスーパーの「ごはん」と「おかず」の弁当、基本 的に半分がご飯で残りに卵焼きや空揚げ、ちくわ磯辺焼き、ウ ィンナー、ハンバーグ、ミートボール、豚の生姜焼き、キンピ ラゴボウ、筑前煮など様々、正直、実際にコンビニ弁当などで はお世辞にも上質でとは言い難い、駅弁レベルは難しいにして もである。  だが、ご飯…
コメント:0

続きを読むread more

オンライン資格確認システム!廃業続出!あらゆるリスクを背負う羽目のクリニック

    ともかく刻一刻とオンライン資格確認システムの強制の期限 が迫る、やらなきゃ、「保険医療機関取り消し」だそうだ。厚 労省の「審議会」では「審議委員」が「安易な延長は認めるな」 とか、御用メディアが正論のように報じている。だが、本当に 、これまで健康保険証で問題なくやってこれた保険医療機関な のに、よほどの魂胆があるのか…
コメント:0

続きを読むread more