やはりCDも聴けないような車は無価値である

 ディスプレーオーディオ装備の車がトヨタを皮切りにホン ダ、ニッサンと続いているようだ。外車にも。だが人により けりとはいえ、車を運転する上の最大の楽しみは車内で音楽 を聴くこと、である。なかなか部屋でCDを落ち着いて聞くと いう時間、シチュエーションがない。その車の空間の中でCD 、特に名盤を聞く楽しみは他に代えがたい。…
コメント:0

続きを読むread more

『パパ、もどってきてよ、ニーナの日記』コスチェリーナ、女性パルチザンの青春日記、ー戦死の悲劇

 タイトルから即座に、子供のいる中年すぎの男の気迷い が作った家庭悲劇を想像するだろう。パパはたしかに、こ の日記の主人公、ニーナ・アレクセーエブナ・コスチェリー ナの手の届かないところに突然に連れ去られた。でそのパパ を連れ去った犯人はどこかのオバサンではなく、実はスター リン時代の圧政の黒い手なのだ。つまり、「収容所群…
コメント:0

続きを読むread more

村田兆治よ、遂に本性が現れたな、お前に旅客機に乗る資格はない

 それにしてももう一昨日、9月23日に東京国際空港、つま り羽田空港の第一ターミナルでの搭乗前のVIP用の専用保安検 査での村田兆治の狼藉である。あのように体格のいい大の男 が激高は非常に周囲に不安と緊張を与える、国内航空も金属 探知検査は以前より厳しさを増している。いままではOKであ ったものでも異常と判定され、何を所持…
コメント:0

続きを読むread more

岸田政権、プロパガンダの建前に媚びへつらうだけ、メディアに叩かれるのが何より怖い

 岸田政権?宏池会出身とは云うが、この小選挙区制度の もとではかっての政策グループとしての派閥の理念など実 のところ雲散霧消である。たしかに高市早苗のような人物 を首相に据えてはならない、イスラエルから入国禁止の可 能性がある、極右を演じる人物に首相は不適格だが、それ に比べれば岸田文雄は、まあ、カドがない?では済まない。…
コメント:0

続きを読むread more

とぎれとぎれのバラ日記(45)下葉が落ちても枯れることはない、忍耐力で見守る

  バラの栽培で多くの人が悩むのはバラの下葉顔が落ちて 上の方だけに申し訳程度の葉っぱ、なんだか丸裸になった ゆで殺風景の極み。こうしたらどうする、動画などでも、 多くの専門家が意見を述べているが、これといって解答らし きものはない。  なぜこうなる?バラの気持ちになればわかる。バラは、よ り太陽に近くなりたい、だか…
コメント:0

続きを読むread more